野菜に多い?葉酸とは

葉酸は代謝に深くかかわる水溶性のビタミンです。
造血作用があり、赤血球をつくる働きを持っています。他にも、たんぱく質や核酸の合成に働くので成長には欠かせない栄養素です。妊婦の方はお腹の中に活発に成長している胎児がいるため積極的にとる必要があります。妊娠を考えている方は一日に400μgとることがのぞまれています。不足すると先天性の奇形になりやすいので食事には注意する必要があるでしょう。
葉酸ですが、ホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれていています。そのほかの食品としては、レバーや豆などに多く含まれています。しかし、水溶性であり体外に排出されやすい性質を持っています。また、熱に弱く調理によって栄養を損ないやすいので普段の食事でも不足しがちになります。
意識して摂取した方がいいのですが、レバーからとる場合には気をつけなくてはいけません。
葉酸のほかの成分にビタミンAのレチノールがあります。脂溶性であるため、取りすぎると体外に排出されにくく肝臓に蓄積されてしまい、過剰症を招く恐れがあります。特に妊婦の方がレチノールの過剰摂取をしてしまうと、胎児が奇形になるリスクが高まります。最悪の場合、流産になる可能性もあります。しかし、不足した場合も奇形を招くおそれがあります。胎児期に不足すると、骨や神経の発育不良をおこしてしまいます。
必須の栄養素ですが、耐用上限量を超えないようにすることが大切です。