ベビ待ちの女性は考えておこう!仕事の影響

ベビ待ちの女性は考えなければならないことが多くあります。その中でも特に重要なのは仕事をどうするのかということでしょう。赤ちゃんに恵まれてママになったとしても、仕事と子育てのバランスを保てるのかを不安に感じる人が少なくありません。ほとんどの人は、少なくとも1年間は育児に専念してから復職したいと考えるのではないでしょうか。
基本的には育児休暇を取得する権利が労働者には認められています。派遣社員であっても同様です。子供ひとりにつき1回だけしか取得できないですが、労働者であれば誰でも権利があるのです。ただし、1年より長く働いている必要があります。非正規の労働者の場合は、1年以内に契約を無効になることが分かっている場合は取得できません。
取得できる場合は準備をできるだけ早く行うことが大切です。できるだけ、早く職場の上司に報告しましょう。遅くても1カ月前までに申し出る必要があります。取得のための申請手続きを行ったら、すぐに進めた方がよいことがあります。それは自分の仕事の引き継ぎ作業です。休暇中は他の人に業務を噛ませることになります。また人手が足りない場合は、代わりの人員を確保することもあります。看護などの人員が不足しがちな業務であれば、派遣社員などを補充する可能性が高いでしょう。どの人に引き継げば良いのかをできるだけ早く上司に相談してください。
重要なのはとにかく迅速に行動することです。出産が早まったり妊娠中に体調を崩したりして、休暇が早まってしまう可能性があるからです。