葉酸を多く含む食品にはどんなものがある?

妊娠中の人や妊活をしている人が摂取しておきたい葉酸は水や熱に弱いため壊れやすく、食べ物からだけでは摂取しにくい食品だと言われています。そのため体内での吸収率が高く、効率的なサプリメントの利用が推奨されていますが、基本的には食品から必要な分をしっかり食べて不足分を補うという形した方が良いと言われています。
葉酸を多く含む食品の代表的なものはレバーです。鶏や牛、豚など種類がありますが、レバーはどの動物のものでも葉酸を多く含んでいるので妊娠中の人や妊活中の人は積極的に食べたい食材です。他にもモロヘイヤやほうれん草、ブロッコリー、カボチャなどの野菜類にも多く含まれていますが他にもビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、それらの栄養バランスも考えながら食事をするようにしましょう。
基本的に野菜類などは食べ過ぎてしまっても食材からのものの場合には体内での吸収率が低く、水溶性のビタミンのため過剰な分は尿に溶けて排出されてしまうので心配することはないと言われています。心配なのは食べ過ぎたことで他の栄養素を過剰に摂りいれてしまう点です。脂溶性のビタミンやミネラルは過剰に食べ過ぎると脂肪に溶けて身体の中に溜まってしまうので、お母さんの身体だけではなく赤ちゃんにも悪影響を与えてしまう可能性があります。どれだけ積極的に食べたいものであっても、食べすぎないようにして、サプリメントで1日に摂りいれる量を調整することも重要です。