妊娠に関わる葉酸の摂取量

妊娠前後に気を付けたいのは、葉酸摂取量です。1日の摂取目安量は400μgが望ましいと厚生労働省が推奨しています。葉酸は毎日の食事からでも摂取できますが、水溶性のビタミンなので体内に蓄積することができず、また熱に弱く、長期保存が難しいため、普段の食生活からはなかなか摂取しづらいので不足がちになります。しかし、胎児の成長に不可欠なものであり、厚生労働省も食事以外からも摂取することを推奨しているくらい重要なものです。サプリメントなら、女性に不足しやすいそのほかの栄養素、鉄分、アミノ酸、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどを無理なく摂取することができます。しかも、食品からだと吸収しにくい葉酸も、サプリメントなら吸収率の高い状態になっているので、効率よく取り入れることができます。妊活中の人、妊娠初期の人には欠かせない栄養素ですが、出産後のママにとってもぜひ続けて摂りたいものです。授乳中は赤ちゃんに栄養がいくので、ママの栄養は不足がちになります。その対策として、続けて摂ることが必要なのです。妊娠を望んでいる女性も男性も、赤ちゃんを授かった女性も、自分の健康のために、赤ちゃんの健康のために、無理のないマタニティライフのために、継続的に摂取できるものを選びましょう。ただ、ビタミンやミネラルのなかには、過剰摂取によってかえって体調が悪化するものもありますので、食品以外からの摂取量上限値に注意が必要です。